ついに辿り着いたのね、社畜の畢竟に

先々月、先月ともに残業時間が79時間超えた。80時間をギリギリ超えないところに弊社のコンプラ意識の高さを感じる。

こんだけ働いてりゃ金も稼げるわな。おまけに2直の深夜残業、私個人の経済圏はついにバブルに突入した。

ということは・・・

 

ドン!

宴だ~~~~~~!!!!!!

うっま♡信じらんない♡(黛冬優子)

 

一口あげようか?

 

 

 

はい上げた~~~~~wwwwww

 

wwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

大気圏突入‼

 

 

ピザは燃え尽きて跡形もなくなってしまいました。ピザ窯には耐えられても大気圏突入には耐えられなかったようですね。残念(*_*;

 

ドミノピザに、住みます‼(トムブラウンみちお)

 

END OF THE WORLD

遠のく意識の中、君はつばめグリルの夢をみるのか

眼鏡が壊れた。

壊れたというよりもネジが外れて片側のレンズが取れたというべきか。なかなか気に入っていた遠近両用の眼鏡というだけに買い替えるのは惜しかった。

というわけで近所のイオンのJINSに修理に持って行った。店員さんは快く眼鏡を受け取り、あちらこちらをいじくっている。10分くらいたったところでネジのサイズがなく、近いサイズのネジでがんばったが無理だったのこと。3日後くらいにネジが届くそうなので、それまで預けることにした。なんと無料でやってくれるそうだ。JINSバンザイ\(^o^)/

 

JINSでのやり取りのあと、お腹が空いていたので一人いきなりステーキへ。キャンペーン中のお得なワイルドステーキ450gセットを注文。一口目は筋張っていてなかなか噛み切れない。しかし2切れ目は比較にならないほど柔らかく、最後までおいしくいただけた。どうやら当たりの部分と外れの部分があるようだ。

 

今回はワイルドステーキを頂いたが、ワイルドハンバーグというものもあるらしい。スギちゃんもびっくりのワイルドぶりである。ハンバーグという言葉、2年くらい前の上野を思い出す。就職活動中、東京での面接を終えた私は上野駅であてもなくフラフラしていた。片道2000円で3時間かけて東京までやってきたのだ、ただ帰るのはもったいない。飯でも食って帰ろう、そう思った矢先に目に飛び込んできたのは「つばめグリル」だった。聞いたことがない店、どうやらハンバーグが売りらしい。そのかわいらしい響きの店名とややレトロな雰囲気に惹かれ、昼食をそこでとることにした。

リクルートスーツのまま入店。席に案内されると、メニューとお冷が出てくる。このお冷がまあ~~~~~~~うまい。面接で乾ききった喉を冷えた水が潤す。水がうまい店はだいたいアタリである。これはつばめグリル、期待できる。

注文したハンバーグセットが来た。セット内容にみそ汁がついてくる。ハンバーグにみそ汁て。日独防共協定か?だがそこはつばめグリル、ハンバーグのことを考慮した味付けなのだろう。すんなりとデミグラスソースと調和した。さて、主役のハンバーグだ。うまい。味は猛烈にうまい。なのだが私のアルミの切開が下手なせいで食べる度シャリシャリ感覚に襲われる。非は私にあるのだが、つばめグリルといいココスといい、どうして包み焼きハンバーグのアルミはあんなにも外しにくいのだろう。包み焼きハンバーグのアルミに革命を、将来私が出馬する際のキャッチコピーが決まった瞬間だった。

 

ハンバーグで思い出す。つばめグリル上野駅。ついでがあったらまた寄ってみよう。今度はアルミをうまく剥がせるといいね。

 

ちなみに面接は落ちた。お祈りメールで面接のダメ出しまでされた。なんなん?

奥さん、僕はもうここまでみたいです。

最近、工場とアパートを往復するロボットになっている。理由は2直、すなわち遅い時間帯を担当するおじさんがケガをして入院しているからだ。そのおじさんの代わりをやらされているわけなのだが、業務内容的に毎日4時間残業、それも就業時間が12時~25時と、とうとう日付を跨いで職場にいる生活になった。

 

そもそも私がこんなにも現場で苦しい思いをしているのだろうか。機械系技術職として内定を貰ったわけだが、研修という名目でかれこれ一年現場で謎の商品を作らされている。ロボットを開発したいという動機で入社したにもかかわらず、自分が工場でひたすら肉体労働をするロボットになるとは何とも皮肉な話だ。

 

とにかく自由な時間がないのだ。家に帰れば深夜2時、布団に入ってもこの猛暑の中で昼の11時まで熟睡できず、朝の半端な時間に目が覚める。そんなすき間時間ではTwitterのタイムラインを眺めることとケンガンオメガを読むことくらいしかできない。この前の休みは休日出勤に潰された。人間としての心の余裕がなくなっているのを日に日に感じる。勤務前後には暴飲暴食をしないと生きていけない体になってしまった。

暴飲暴食の例

最近趣味も楽しめてない。無味乾燥な生活から特に新しい発想が生まれるわけもなく、唯一の趣味の4コマ漫画も全然描けていない。アイディア不足はいつものことだが。毎週の目標にしている1h4d(土曜の夜9時の一時間4コマ会)にも参加できなかった。そりゃ深夜2時に帰ってくるんだもん。無理じゃん。悔しい。ちなみに私の休日は基本的に水曜日と日曜日です。

 

そして待ちに待った今日、日曜日がやってきた。久しぶりに描いた漫画がこちら。

なんだこれは。なめてるのか?

最近仕事関係なしに漫画の質が落ちている。いや昔は高かったとかそういうことじゃないけども。心に余裕がないのは前からなので、徐々に情熱が苦悩に蝕まれているのかもしれない。

さっさと漫画を描き終え、アマプラでリゼロ2期をひたすらに見ていた。エキドナたんがかわいい。でもやっぱりエミリアたんが好き。もう24時間リゼロでいいだろ、人生なんてさ。

近況だが、オモコロ杯にもこっそりと応募してひっそりと落選した’(前回の山手線一周の記事)。パチンコとネット競馬で1日で2万負けた。顎鬚を伸ばし、上司に怒られて剃った。コーヒー牛乳で盛大にお腹を壊した。

 

もう限界なので一人焼肉食べ放題(90分ラストオーダー)に行ってみた。

火力、つよっ。

 

 

山手線を歩けば友情が芽生えるのか

友情に飢えている。

 

就職してからというもの、知り合いと遊ぶ機会が一気になくなった。数少ない友人たちは大学卒業を機に願いをかなえたドラゴンボールの如く全国に散ってしまったので、予定を合わせることが困難な状況にある。コロナ禍だし。

この寂しさを埋めるためには、近場で新しい友達をつくる必要がある。

しかし私も都会の人ごみと果てない草原、泣きたくなる場所はどっちという問いに2つマルをつけるくらいにはちょっぴりオトナである。今さら一から友達作りなどする気力も時間もない。

なにか、手っ取り早く簡単に友情を育む方法はないものだろうか。

 

そうだ、困難をともにすればいいのだ。

漫画などで辛い修行を乗り越えた仲間が固い絆で結ばれるのはよくある話である。現実でも野球部は野球部とばかりつるんでいる。

 

そして、身近な困難と言えば

大事なことなのでキルラキル風のフォントにした。いかがだろうか。

山手線徒歩一周。とにかく、山手線を自分の足で歩いて一周する。
山手線は歩けばおよそフルマラソンと同じ距離であり、十分に困難であると言えるのではないだろうか。体力のない私に達成できるかが不安ではあるが、最近毎日ブロッコリー(しかも国産)を食べてるし何とかなるだろう。

 

そして、今回と山手線を歩くパートナーは…

そう、ケンタッキーの首領こと、カーネルサンダースである。

近場で遊べる友達が欲しかったんじゃないのかよ、とツッコミを入れられるかもしれないが、聞いてほしい。恥ずかしながら私は最近までケンタッキーを食べたことがなかった。先日なんとなく近所のケンタッキーに行ってみたところ、オリジナルチキンの美味しさにいたく感動した。もっとケンタッキー、もといカーネルのことを知りたいという思いで今回の旅の相棒に抜擢した。遊べるか遊べないかとか打算的な話ではなく、コイツと仲良くなりたいという直感的な気持ちが大切なのだ。

 

はたして私たちは山手線を通じて友達になれるのだろうか?

 

 

茨城から電車に揺られ午前8時、①東京駅から旅はスタートする。

カーネルの微笑みと共に、長い1日が始まった。本日、30駅から成る山手線を時計回りで回っていく。

 

朝食としてなか卯の牛丼を一杯。和食はカーネルの口に合うのだろうか。


およそ15分歩いて②有楽町駅に到着。旅は始まったばかりだ。

 

続いて③新橋駅

 

ちょっと上から浜松町駅



下から見上げて田町駅。快調なペースで進んでいく。

 

2020年3月に開業した⑥高輪ゲートウェイ


少し歩いて⑦品川駅

ここまでの道のり、立ち並ぶ高層ビルに群馬出身茨城在住の私は圧倒されっぱなしだった。ちなみにカーネルの出身はケンタッキー州ではなくインディアナ州だそうだ。へ~。

およそ午前11時、スタートからそろそろ3時間経つ。この辺で休憩がてら早めの昼食にすることにした。道中でお店を探そう。

お、ケンタッキーあるじゃん。

 

バーガーキングもあるね。

どっちにしようかな~

 

 

 

 

     

ねえカーネル、今どんな気持ち?

 

すねちゃった。

 

 

バーガーキングで一息入れ、再び私たちは歩き始める。

ベーコンチーズワッパーの余韻に浸りながら、⑧大崎駅に到着。

なんだカーネル、まだすねてるのか?

わかったわかった、夕食はケンタッキーにしよう。

なんとか機嫌を直してくれたみたい。よかった~。

 

五反田駅。正午ということもあり人が多かった。


⑪目黒駅

あれ?カーネルは?

スゥー

左からフェードイン!お茶目なとこあるじゃん。

 

ガーデンプレイスでお馴染み⑫恵比寿駅

 

渋谷に着いたので少し散策。

あ!カーネル、ハチ公だよ!!

あらら、初めての犬にびっくりしちゃったみたい。

 

一気に⑬渋谷駅⑭原宿駅⑮代々木駅⑯新宿駅

ローリングカーネル完成してんじゃん。こいつは縁起がいいね。

 

新宿にもケンタッキーがあるんだね~。

あ、ウェンディーズだ!初めて見た!

 

うーん、どっちか寄っていこうかな。

あんまりお腹空いてないし今回はいいや!

後ろ向いちゃった。どんな感情?

 

またしても一気に新大久保駅高田馬場駅目白駅池袋駅

うわ、高速ローリングカーネルだ!これは珍しいぞ。

 

気が付けばおよその中間地点である新大久保を通過していた。流石に膝や足の裏にそこそこの痛みを感じ、精神的な疲れも大きくなっている。

カーネルはまだ大丈夫?

 

そっか。強いね、カーネルは。

カーネルも頑張っている。私が一人挫けるわけにはいかない。

 

続いて大塚駅巣鴨駅㉓駒込駅㉔田端駅

スライディングカーネルだ。まさかこんな所でお目にかかれるとは。

 

この辺で私の体と精神は限界をむかえ始める。食事以外の休憩なしでひたすら歩いてきた。コンクリートの上を歩き続けることがこんなにもしんどいなんて思いもしなかった。

もうあきらめて電車乗って茨城帰ろうか…?

カーネルは首を横に振った。もう日も落ちてきたというのに、どうやら私はまだ歩かなくてはならないようだ。ラストスパート、心の中で気合を入れる。

ありがとな、カーネル。もう弱音は言わないよ。

 

 

やっとの思いで西日暮里駅に到着。

さーて、ポケットからカーネルを…

ん…?

カ、カーネル…⁉

 

    

何てことだ…!

ご覧の通り、カーネルの頭部は無残にも引き裂かれていた。撮影のたびにカーネルをポケットから出し入れていたので、元々ついていた折り目の部分が弱って破けてしまったのだ。

カーネル、さっきは強がってたけどお前も限界だったんだな…

ごめんよ、夕食にケンタッキーに行く約束、守れなかった。

 

㉕日暮里駅

思わず左手で虚空をつまんでしまう。

そっか、カーネルはもう…いないんだった。

 

一人夜道をおぼつかない足取りで進む。

ふと立ち止まり、拳を握った。

馬鹿か私は。もっと自分が丁寧にカーネルを扱っていれば、彼はもっと長く生きることができたはずだ。後悔と孤独感で胸がいっぱいになる。一体この気持ちをどこにぶつければいいというのか。この時、割と本気で悲しかったのを覚えている。

 

あっ…

コンビニ…

ここでセロハンテープを買い、破れた部分を補修すればカーネルは簡単によみがえるだろう。私はコンビニの入り口の方向へ吸い込まれるように歩いた。しかし、直前で思いとどまる。彼は本当にそんなことを望んでいるだろうか?ここでカーネルをテープであっさりと復活させたのならば、その身が滅びるまで歩き続けた彼の覚悟をコケにしてしまう。なんだかそんな気がした。

 

ならば私にできることはただ一つ。

最後まで歩くことだ!!

 

鶯谷

おーい!カーネル!みてるかー!

 

上野駅

いえーい!カーネル!いえーい!

 

御徒町駅

カーネル!アロハ―!

 

秋葉原駅

うい~!カーネル!うい~!
俺は楽しんでるぞ~!

 

 

…正直言って空元気だった。膝はがくがく、もう足の裏も見せられないレベルで皮がむけてるだろう。とにかく歩くたびに痛みに襲われる。相当歩いたし、もう本気で辞め時かもしれない。そう思った矢先…

 

あれは…

あ…

カ…

カーネル(甲冑)!!

秋葉原の道中、こどもの日仕様のカーネル人形が佇んでいた。

「まだ終わってない。」そうカーネルが私に語り掛けているような気がした。

ちょっぴり、泣いたかもしれない。

 

最後のエネルギーをケンタッキーのナゲットで補う。あと2駅。もうひと踏ん張りだ。

そしておかえり、カーネル

 

さあ、ラストランだ!

㉚神田駅



そして遂に…

①東京駅

こうして私たちの長い長い一日が幕を閉じたのであった。

この旅のテーマ「困難を乗り越えた先に友情は見つかるのか?」について、もう言うまでもないだろう。少なくとも私はカーネルのことを親友だと思っている。困難が、山手線が私に友情をくれたのだ。

 

ちなみに今回かかった時間は休憩込みでおよそ14時間だった。

           

消費カロリーは4541kcalとあるが、カーネルが散った後に上野のゴーゴーカレーでメジャーカレー特大(1400円)を完食したのでカロリー的にはおそらくトントンである。

 

皆さんも仲良くなりたい相手がいるのならば、一緒に山手線を歩いてみてはいかがだろうか。次の日はマジで歩けなくなるので、ぜひとも連休の初日にでも試してみて欲しい。きっと友達が見つかるはずだ。こうして友情の輪は広がっていく…山手線のようにね。

 

          

以上、オフィスカジュアルのドナルドがお送りしました。

 

ケンタッキー・フライド・チfin.

 

一気にドーナツ13個を食べる

福袋に入っていたミスタードーナツの引換カードが余っている。

その数19個、これを5月までに使い切らねばならない。

ここは景気よく13個分交換し、贅沢にすべて夕食として頂いてみよう。

甘い物大好きな私でも1日7個以上は食べたことがない。

ドーナツのみで腹を満たすという夢を今こそ叶える時だ。

関係ないが、さっきからやたら素数がでてくるな?

 

最寄りのイオン内のミスドにて、選りすぐりのドーナツたちをお持ち帰りしてきた。

ではさっそく食べていこう。

 

ハニーチュロ

人生初チュロスだった。

チュロスはディズニーオリジナルのお菓子だと思っていたがそうではないらしい。

うまし。

 

②カスタードクリーム

甘さの塊という言葉がしっくりくる。

粉っぽいので着ていた黒パーカーが汚れた。

うまし。

 

③チョコファッション

チョコを身にまとうオールドファッション。

その姿は地平線から顔を出す太陽を連想させる。

さくさくすた食感がおもしろい。甘さ控えめ?

うま。

 

エンゼルフレンチ

ヒカルの髪色として比喩されるフレンチクルーラー

中身はクリームがぎっしりなので、とても甘い。

げきうまし。

 

⑤ストロベリーカスタードフレンチ

ミスドで私が一番好きな商品。

甘さに定評がある。

個人的な予想だが、一番カロリーが高い。

てらてらうましー。

 

⑥ストロベリーリング

直訳して、「苺の輪」。言い得て妙。

給食のコッペパン(絶好調の時)を連想させる。

ややうま。

 

ゴールデンチョコレート

正体不明のゴールデンチョコがまぶされたゴールデンチョコレート

ぼろぼろ落ちるが、うまい。

うまし。

 

⑧ポンデザクショコラ

写真を撮る前に思わずかじってしまった。

細かいチョコがまぶされたポンデダブルショコラ的なもの。

税別160円の高級ドーナツであり、引換カードの上限金額ギリギリに君臨する。

食感もさることながら、濃厚なチョコレート感が口に広がり、爆発を起こす。

小さいのがボロボロ落ちるのはご愛敬。

げきうまし。

 

ハニーチュロ

おかわり。

本当はドーナツ12個でいくはずだったが、一個目のチュロスにこいつがくっついていたので13個になってしまった。不吉~。

うまし。

この時点で満腹であった。

 

⑩ポンデダブルショコラ

こちらも先走ってかじってしまった。

こいつは安定感がある、もちもちなやつ。

うまりんぴっく代表。

 

⑪ポンデショコラ

なんとか今回はかじるのを堪えた。えらい。

オーソドックスなポンデショコラ。

ラグビーで例えるとパスの上手いフランカーみたいな。ピンとこないね。

うまぼんばー。

 

⑫ストロベリーエンゼルカスタード

あまりにも好きなので自主的なおかわり。

胃もたれしてでも食べたい味がある。

ぎがうまインパクションズ。

 

⑬ブルベリーのやつ

トリはブルベリーが入ってたやつ。

ホームページを見ても載ってなかったので、レアキャラなのではないだろうか。

甘ったるい口につきぬける酸味がここちよい。十分すぎるほど甘いが。

ふぁいなるうましー。

 

以上、敬称略でお送りした一人ドーナツパーティーでした。

多分5000キロカロリーくらい食べたんじゃないかな。

満腹感は常時感じていたが、なんだかんだ食べきれてしまった。

食後、気絶するように眠った。

当分はドーナツの穴も見たくはないが、まだ6個も引換カードが残っているので、再びドーナツと相まみえることとなるだろう。

 

みんなもドーナツでおなかいっぱいなろう‼

 

おまけの4コマ

 

みんな頑張ってる、とかじゃない

仕事を辞めたい。

 

正確には転職したいとかではなく、労働をきっぱりと辞めたい。

無職になって毎日まとめサイトとアマプラで暇を持て余したい。

そう思い始めたのは先月の中旬くらいからだ。

 

弊社の人手不足の弊害が、我々新入社員に牙をむいてきた。

毎日のように4時間残業が襲い掛かる。

先々月まではなんとなく気を使われており、月の残業時間は40時間に留まっていた。

コロナによる一部社員の謹慎などで、穴を埋めるという名目で先月は56時間ほど残業した。今月は確実に60時間を超えるだろう。

12時間くらい働いて、家に帰って飯を食って寝る。翌日5時起きで6時出社。そんな毎日だ。

 

いい加減ツレーわ。

学生時代とのギャップがでかすぎるわ。

一日8時間労働でも近年長くね?みたいな風潮があるが、こちらと12時間近く職場で肉体労働に従事している。

朝早すぎんだろ。6時て。ちょっと前まで5時出社だったし。己はドラキュラか?

世界の技術者たちにはいち早く実践レベルの労働AIを開発していただき、私の仕事を奪っていただきたいものでございます。

 

このような愚痴を誰かに言うと、大抵は「もっとつらい人はいる」だの「みんなその位は頑張ってる」などと返してくる。

この「みんな頑張ってる理論」に一言物申したい。

 

今、辛いの、俺だから。

今、現時点で、俺がつらいんだわ。

他の誰かとかじゃない。現状で苦しんでるの俺だから。

みんな頑張ってる理論も全然理解できる。

両親や上司、同僚、同じような環境でみんな死んだ目で働いている。

だがしかし、本質はそこではないのではないか。

 

もう一度言う。

今、辛いの俺なんだわ。

他の人のこと考えてる余裕ないんだわ。

余裕なさ過ぎて通勤の運転とかもどんどん荒くなってるんだが。

自分が辛いという話をしているのに、他人の苦労話を出して諌めようとしてくる方々、こういうのは悪いがちょいと的外れではないかね?

 

愚痴を聞いてもらっている立場で偉そうに。

じゃあ一体お前は何を言って欲しいんだい、と思われるだろうか。

その答えは「黙って聞いてほしい、そして労ってほしい」私の場合これに限る。

私はこのようなやり場のない不満をエンターテインメントとして消化できれば一番いいと思っている。

とにかく笑って適当に相づちでも打って、たまに慰めてくれれば満足なのだ(ハム太郎

 

仕事が辛いということをどこかに発散したかったのと、愚痴の返し方について思うことがあったので、とりあえずこのブログに書き殴ってみた。

ほんのわずかではあるが、この働かざる者食うべからずな世の中に対するフラストレーションが和らいだ気がする。気のせいか。(あるいは森の精)

みなさんも、誰かからしょーもない職場の愚痴を聞かされたら、誰かはどうとかじゃなくてなるべくその人によりそってあげよう。約束だぞ?

 

それでは社畜の皆様方、地獄でまた会おう。

さいなら。

 

f:id:max_driller:20220324192425j:plain

おまけの4コマ



損の気分

ものすごく損をした気分になった。

 

1月にPS4の定額サービスが自分のアカウントで期限切れになった。最近仕事が忙しく、あまりゲームに触れられていないということもあって、定額サービスの再加入は見送る予定だった。しかし、システム上でまた1年分サービスが自動更新された。完全に自動更新を解除し忘れていた自分の責任ではあるが、なんとも言えないむず痒い気持ちになった。

そして3月、定額サービスが25%オフのセール価格で販売されていた。1月から一切PS4で遊んでいないので、完全にこの約2か月はサービスに入り損である。しかも通常時とセール時の差額およそ1300円分も自動更新されたことによって損をしたという結果になる。

おいおい、どうしてくれるんだ。こっちは節約のためにネットフリックスだって我慢しているんだぞ。それなのに2か月分の権利と1300円、一瞬で溶けてしまったしまったではないか。この気持ちは、あれだ、そこそこ高額なクーポンが期限切れやら忘れてきたやらで使えなかった時の感覚に近い。節約病を患わっている私にとってこれは夜も眠れなくなるような大失態だ。というかすべてのサブスクは自動更新をなくせ。

そもそも自動更新されただけならまだギリギリ納得できた。自分の確認不足だからね。でもその後にセールをするかね?100円くらいならまだしも1300円て。ステーキ食えちゃうよ。牛丼なら何杯食えるんですか。自動更新解除し忘れる馬鹿犬には外食はおあずけってか。そりゃねえぜ。

 

そんなわけで今現在やるせない思いをしている私であるが、明日も仕事なのでねなくちゃあいけない。このことが気になって寝付けるわけもないが。え、節約したいならそもそも去年からゲームの定額サービスなんて入るなって?

 

おっしゃる通りでございまさーね。